「Surface RT」が日本発売、3月登場、価格は5万円弱 日経報じる

 

 マイクロソフト社がタブレット端末「Surface RT」を日本でも販売すると日本経済新聞が報じています。

 これまで日本だけ販売されてこなかったのは、Windows搭載モデルを販売している日本メーカーの商品が売れなくならないように販売を見送ってきたとのこと。年末商戦が終わり、春モデルが出そろったので発売に踏み切るそうです。

 「Windows 8」を搭載する「Surface Pro」に比べると、「Surface RT」はOSに「Windows RT」を、SoCに「Tegra 3」を採用しています。ただ電池駆動時間は2倍近いものなので、どちらがいいとは一概には言えないでしょう。

 「Surface」は、キーボードの機構に着脱式を採用し、Microsoftが自らハードウェアを手がけた面白いモデルです。Microsoftのウェブサイトから直販、または家電量販店で購入することになりそうです。

日本経済新聞

この記事にコメントする

comments powered by Disqus