意外と早く出るかも!アップル製「iWatch」は、「iOS」を搭載し、今年後半には登場?

 どんどん情報が漏れてきます。

 「iWatch」に搭載されるOSは、iPad nanoのような独自OSにはならず、iPhoneなどと同様にiOSになるとTHE VERGEは報じています。

 バッテリー持続時間は4, 5日程度を目標に開発中とのことですが、まだその段階には到達していないそうです。

 さらに驚くべき事に、今年後半にも「iWatch」は登場するとのことです。「Google Glass」も今年後半に投入されるようですから、ウェアラブルコンピューター市場の立ち上がるタイムテーブルも前倒しになってくるかもしれませんね。

 また、世界の腕時計市場は年間600億ドルの価値があると言われていますが、アップルが「iWatch」を投入した場合、そのうちの1割程度、実に60億ドル(約5600億円)の売上が期待できると、アナリストのChen氏が観測しています。非常に期待が高まりますね。 

情報元:THE VERGEBloomberg 経由:ZDnet

この記事にコメントする

comments powered by Disqus