液晶保護に「強化ガラス」を貼る!3倍強い「シュタインハイル GLAS」シリーズ

 液晶保護シートながら、強化ガラスを採用してしまったのがSPIGEN SGP シュタインハイル GLASシリーズです。今回、iPhone5にGLAS.tを貼ってみました。 

 ガラスの他に、付属しているものはこんな感じ。背面上下部のガラスに貼るシート(非ガラス)や画面拭きが付属。ボタン部分に貼れるシールも。

  ただ自分は、ボタン部分に同じくSPIGEN SGPのアルミニウムホームボタンを既に貼っているので不要ですね。このアルムホームボタンを貼った状態だと、なおさらGLAS.tはいい感じになりますね。アルムホームボタンを単に貼るだけだと、ボタン部分だがっ張っちゃうんですが、GLAS.tを貼ったことで、フラットになっちゃいました。

 GLAS.tは薄さ0.4ミリ。表面強度はPET樹脂の3倍だそうです。傷がつかない、汚れがつかない、指の脂がつきにくいというメリットがあります。なので指の滑りもなかなかいいです。普通の防指紋タイプなどの保護シートだと、ものによっては、見え方が悪くなってしまったなんてことになりがち。しかしこの製品、普通にガラスなので、画面も綺麗に見えます。うまく貼れれば非常に快適になります。

 ただひとつ注意として、普通の保護フィルムに比して貼り付けがちょっと難易度高いと思います。普通のフィルムなら曲がるので、埃の入ってしまった部分をちょっと剥がして、セロハンテープでペタペタしてやると、埃が取れます。これはガラスなのでそもそもちょっと剥がして曲げる、なんてことできませんからね。埃が入っちゃったら丸ごと剥がさないといけないわけです。何度もやってるうちに粘着性が落ちて……なんてことにも。コツとして、湿気のある風呂場など、埃のない場所で貼るしかないと思います。

 また、割れる時は割れるってことにも注意ですね。ガスボンベで5回ぐらい強く叩いたら割れました。4回耐えたのが凄いとも言えますが。

 気合い入れてうまく貼る必要はありますが、それさえクリアできればあとは非常に快適です。価格は保護シートとしてはちょっと高めですが。皆さんもぜひ挑戦してみて下さい。

 なお、iPhone版のGLASで報告はありませんが、XPERIA Z版は近接センサーの反応が落ちるようなので、対策版を少し待った方がいいかもしれません。

【国内正規代理店品】SPIGEN SGP iPhone5 シュタインハイル GLAS.t プレミアム リアル スクリーン プロテクター 《強化ガラス液晶保護フィルム》 【SGP09435】
【国内正規代理店品】SPIGEN SGP iPhone5 シュタインハイル GLAS.t プレミアム リアル スクリーン プロテクター 《強化ガラス液晶保護フィルム》 【SGP09435】

 SPIGEN SGP アイフォン 4 / 4S シュタインハイル 【 GLAS.t 】リアル スクリーン プロテクター for Apple iPhone 4 / 4S 【 SGP08645 】
SPIGEN SGP アイフォン 4 / 4S シュタインハイル 【 GLAS.t 】リアル スクリーン プロテクター for Apple iPhone 4 / 4S 【 SGP08645 】

この記事にコメントする

comments powered by Disqus