びっくらこいた!ウィルコムがiPhone 4Sの取り扱いを開始。

 WILLCOMは、SoftBankのiPhone 4S 16GBモデルを販売します。

 サプライズにも思えますが、これは一部のユーザーに先行して提示されていた特別オプションを、全体のキャンペーンとして拡大したもの。試験的プランを一部地域、一部ユーザー限定で先行実施するのはWILLCOMユーザーにはお馴染みです。

 PANTONE 6やHONEYBEE 201K、RAZR MといったSBのAndroidスマートフォンも、2月からウィルコムプラザで取り扱っていますから、そのラインナップが順当に拡大されたとみることもできるでしょう。

 WILLCOMでiPhone 4Sを購入する場合「ソフトバンクセット割」を3月31日まで利用可能。「ソフトバンクセット割」は、1台目をWILLCOM、2台目の他社回線をMNPすることで、2回線目のiPhone 4Sの「パケットし放題フラット(4410円)」を、2年間3380円で利用できるというもの。個人的には興味ありませんが、スマートフォンにスペックを求めない一般ユーザーにはそれなりに訴求しそうです。

 WILLCOMといえば、iPhone 3GSにWindows Mobile搭載スマートフォンで真っ向勝負を挑んでいたのがもはや懐かしくもある昨今ですが、今や戦いに敗れてSoftBankに統合。SoftBankや、同じくSoftBank傘下でかつてのライバルだったイーモバイルと、仲良くやっています。

情報元:WILLCOM

この記事にコメントする

comments powered by Disqus