「ドコモがiPhone 5Sを販売する」 海外証券アナリスト報告

 投資家向けの報告書において、モルガン・スタンレーのアナリストが、チャイナモバイル(中国移動)、そしてNTTドコモが次期iPhoneを販売すると予測しました。

 同氏はAppleが収益をより拡大するための策を予想し、ストリーミング音楽サービス iRadioの開始や、モバイル決済が、6月のWWDCにおいて発表されると指摘。さらにSiriのようなキラーアプリ、そして取り扱いキャリアの拡大についても言及しました。

 世界有数、日本最大の移動体通信事業者であるNTTドコモ、そして世界最大手の移動体通信事業者チャイナモバイルから次期iPhoneが販売されるとすれば、iPhone5の販売不振が取り沙汰されるAppleにとって、大きな追い風となりそうです。

 こうしたNTTドコモからの販売説は、産経新聞日本経済新聞も報じています。

情報元:AppleInsider

この記事にコメントする

comments powered by Disqus