悲報 携帯電話の貿易赤字、1兆円に

 日本経済新聞によると、携帯電話の貿易赤字が初めて1兆円を突破しました。貿易赤字は、輸出額から輸入額を引いたもの。20年前には9兆円の貿易黒字でした。

 黒字急減の主因は、海外製スマートフォンの急激な人気によるもの。2012年の携帯電話の輸入額は1兆1192億円に達しましたが、輸出はわずかに24億円強。海外メーカーの国内販売シェアは4割を超えました。国内メーカーのスマートフォンシフト、海外市場展開の遅れが大きく響いた形です。

 さらに日本メーカーの生産拠点も海外へと移っており、5割近くがアジアでの生産。SONYも岐阜県美濃加茂市の工場を閉鎖しています。こうした貿易赤字の傾向は加速していくものと思われます。

情報元:日本経済新聞

この記事にコメントする

comments powered by Disqus