「iPhone 5S」は1200万画素カメラを搭載、夜間撮影能力に特化

 アップルの次世代iPhoneは、夜間撮影機能とHDR機能を大幅に改良してくると、ベトナムのウェブサイトが伝えています。

  情報の出所は、iPhone用カメラモジュールを供給する「Wonderful Saigon Electronics Co. Ltd.(WSE) 」となり、ある程度信憑性のある情報と思われます。ただこの会社のベトナムの公式サイトは採用情報以外にほとんど情報がありませんが。

 カメラモジュールの画素数は1200万画素となり、低照度撮影能力が向上するとのこと。

 夜間撮影に強いといえば、Xperia Zの「Exmor RS」が挙げられます。これまでのiPhone4S, iPhone5にはSONY製のカメラモジュール「Exmor R」が採用されてきました。iPhone 5Sに載るのではないかとの観測もありましたが、それなら800万画素や1300万画素であるはずで、今回の1200万画素になるというリークからは否定されることになりそうです。

 iPhoneは、今や写真共有サイト Flickrで最も人気のあるカメラとしても評価されています。撮影能力が向上するのは楽しみですね。

情報元:tinhte.vn 経由:MacRumors

[訂正]社名のスペルを修正しました。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus