Mac OS X開発チームも「iOS7」の開発に駆けつける 海外メディア報道

 Appleが開発中の次期モバイルOS「iOS7」は、開発の遅れが噂されています。

 iOSのデザインをジョナサン・アイヴ氏が統括するようになったことで、「iOS7」は「Skeuomorphism(実物に似せたUIデザイン 例:メモ帳、ゲームセンター等)」の排除UIのフラット化(Windows 8やWP8のModern UIのような、光沢のないUIデザイン)に舵を切るものとみられます。これによりiOS7の変更は非常に大きなものとなり、作業も難航している模様です。

 そのためiOS7の開発には、MacのOS Xの開発チームから人員が動員されることになっているとAllThingsDは伝えています。

 フォストール氏やジョブズ氏がいない今、彼らの推し進めていた「Skeumorphism」も、これで見納めでしょうか。個人的にもあまりiOSのUIは好きではないので、ジョナサン・アイヴ氏のもとで再構築される「iOS7」は非常に楽しみです。

情報元:BloombergAllThingsD

関連:最新「iOS7」を搭載した未知の機体「iPhone 6.1」の存在が報告される。 アップル本社からのアクセスを、アプリ開発者が発見。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus