iOS7は劇的な変化? 「モノクロ」基調のフラットデザインになるとリークされる

 Appleの次期モバイルOS「iOS 7」に関する情報のリークを、海外ブログ「9to5mac」が伝えています。

 「iOS 7」のデザインをジョナサン・アイヴ氏が統括するようになったことで、NewStandやゲームセンター等にみられた、実物に似せた「Skeuomorphism (読み方:スキューアモーフィズム)」の排除が行われる模様です。Windows Phoneにみられる、シンプルでモダンなデザインへの転換となりそうです。リークによると、ロック画面は黒基調の非光沢となり、PINロックコードのボタンも黒い丸になっているとのことです。

 一方で通知センターは、Androidのようになりそうです。黒系の背景に白いテキストという、極めてシンプルな通知センターとなり、さらにウィジェットやトグルスイッチが置けるようにテストが進められているようです。壁紙もAndroidのように横長のパノラマの画像が利用可能になるようです。

 アプリのアイコンや、標準アプリのUIは白黒を基調としたOSに合うように、フラットにデザインし直されるとのこと。NewStandやゲームセンターはもちろんデザイン変更となります。また、HTC端末などのように天候がアニメーションで視覚的にわかるようになる模様です。

 モノクロで、フラットなOSデザインへの再構築。iOSが誕生して以来、最大の劇的な変化になりそうです。「iOS 7」のリリース時期は秋になるといわれています。

情報元:9to5mac

この記事にコメントする

comments powered by Disqus