追記:5thではなくminiのパネルであると仏ブログ指摘 「iPad 5th」は、やはり狭額縁仕様。フロントパネルがリークされる

[追記 06:35]

 比較対象となる物体が周囲に映り込んでいないため、サイズは判別不能でしたが、フランスのブログ「NowWhereElse」は、中国のWebサイトに掲載された「iPad mini」の画像と酷似していることを発見しました。このフロントパネルは「iPad 5th」のものではなく、現行の「iPad mini」のものであるとの指摘を行っています。情報元の9to5macもこれについて訂正の更新を行いました。お詫びして訂正するとともに、「NowWhereElse」の記事に感謝いたします。

 第五世代目の「iPad」のフロントパネルがリークされました。

 やはり既報通り、次期iPadは、現行iPad miniのようにベゼルが非常に狭くなっており、スマートになっているように見えます。以前もよく似たフロントパネルが流出しており、デザインはこれでほぼ確定でしょうか。

 アクセサリーの供給メーカーは、新型のiPadはWWDC 2013で発表され、早ければ6月下旬に発売されるとの説を立てていました。一方、THE LOOPによれば、専門家はWWDCは本来開発者向けのイベントであり、iPhoneやiPadの新製品発表はないだろうとの観測をしています。

情報元: THE LOOP, 9to5Mac

この記事にコメントする

comments powered by Disqus