SONYの「GALAXY Note」対抗機? ペン入力対応「XPERIA L4」がリーク

続報:「XPERIA L4 (Togari)」、ついに実機写真がリーク!

 海外ブログ「Techblog.gr」によると、「XPERIA L4」なる端末をソニーモバイルが開発中とのことです。

 L4は、6.4インチのFull HDディスプレイを搭載し、ペン操作が可能であるとのこと。これらの条件を満たす2013年のXPERIAの開発コードネームは、「Togari」が相当すると考えられます。ファブレットカテゴリの製品になるとみられ、ペンオペレーションに対応することから、SAMSUNGの「GALAXY Note」シリーズの直接のライバル機になると考えられます。

 また、標準のペン以外も利用できるとのこと。情報元では鉛筆なども認識できると記述されていますが、正直、この情報だけではディスプレイの技術方式はわかりません。ただ、GALAXYやLumiaなどの最新モデルは非常に高感度のタッチ操作に対応しており、指だけでなく、スプーンや細い物体などにも反応します。(鉛筆は無理でしたが)

 個人的には、SONYが特許を取得した、触感フィードバック対応のスタイラスが使われてきたら面白いのではないかと思います。紙の材質やペンの種類などによって、私たちは感じる書き心地が異なりますが、それを再現しようというSONYの新しいペン技術です。

(画像引用元: electronista

 また、この情報を紹介した海外ブログ「XperiaBlog」によれば、「Togari」の名称がL4になるという情報は今年初めに入手していたそうですから、単なる噂話として切り捨てるにはもったいない情報と言えそうです。さらに同ブログは、付け加えるように「Honami」の名称がM8であることも明らかにしました。

 「Honami」はCyber-shotなどを擁するSONYの技術を用いた、大型のカメラを搭載する、SONY渾身のモデルになると言われており、日本市場での投入も確実視される、次期フラッグシップモデルです。「XPERIA M8」のような名称になるのでしょうか?続報に期待したいところです。

情報元:Techblog.grXperiaBlog

続報:「XPERIA L4 (Togari)」、ついに実機写真がリーク!

この記事にコメントする

comments powered by Disqus