高級サイバーショット「RX1R」「RX100M2」のスペックとプレス画像がリーク

続報:ソニー、サイバーショット「RX100Ⅱ(マークツー)」「RX-1R」を正式発表。

 SONYのCyber-shotの高級モデルについて、後継機の具体的なスペックとプレス画像が、デジタルカメラの最新情報に詳しいブログ「デジカメinfo」にリークされています。

DSC-RX1R

 デジタル一眼レフカメラのAPS-Cセンサーよりも大きな、フルサイズ有効2430万画素CMOSセンサーを搭載する高級コンパクトデジカメ。現行モデルからセンサーサイズなどに大きな変更はないものの、ローパスフィルターが外されています。レンズはツァイスゾナーT*35mm F2。

 重量は約482g、店頭予想価格は25万円程度となっています。

 

DSC-RX100M2/B

 1インチ大型センサーを採用することで、コンパクトデジカメの常識を打ち破った機種の、待望の後継機となります。2020万画素、センサーは1.0型裏面照射 ExmorR CMOS、レンズはツァイスVario-Sonnar 換算28-100mm。既報通りホットシューやチルト液晶を採用しているものと考えられます。

 重量は281gと非常にコンパクトで、価格は7万5000円程度。

 

 どちらのモデルも、2013年6月27日発表、7月5日発売となる模様です。個人的に気になるのはRX100M2です。可搬性、機動性、画質、価格を考えるとNEX-3の置き換えとして検討したいです。

 また、今回は「Honami (Xperia i1)」に関する情報は触れられておらず、やはり8月頃までの発表ということになりそうですね。どのモデルも正式発表が楽しみです。

[訂正]初出で機種の価格に誤りがありましたのでお詫びして訂正させていただきます。

情報元:デジカメinfo 経由:sonyalpharumors

SONY サイバーショット DSC-RX100M2
SONY サイバーショット DSC-RX100M2

この記事にコメントする

comments powered by Disqus