「ハズウェル」搭載のMacBook Air、薄型化されたMacBook Pro登場か? ― WWDC2013

 WWDCは本来開発者向けのイベントであることから、iPhoneやiPadの新製品発表はされず、発表されるであろう新製品はMacBookであるとの観測が強まっています。

 WWDC2013の注目ポイントは、やはり新しいMacbookであると投資家向けの報告書にてアナリストが語っています。

 

新型MacBook Air

 デザインはそのまま維持され、MacBook Pro Retinaのデュアルマイクが採用されます。それによりVoIPやFacetimeの品質の向上が見込まれます。個人的にはSkypeの音質もおそらく向上するのが楽しみですね。LINEなどは音質では知れているので、結局Skypeに戻ってきてしまうんですよね。

 CPUはIntelの第4世代Coreプロセッサー(Haswell)に更新される模様です。解像度に関して、証券アナリストは言及していませんが、果たして?

 

新型MacBook Pro Retinaディスプレイモデル

 「MacBook Pro with Retina」は、Air同様IntelのHaswellを搭載する模様です。さらにインカメラはFullHD解像度に対応し、高画質なFacetimeによるビデオチャットに対応します。

 

MacBook Pro 非Retina

 光学ドライブを搭載した非RetinaのMacBook Proのラインは、どうやらHaswellには更新されないようです。当面はIvyBridgeのモデルが継続販売されるとのこと。どうやら将来的にはこのラインは廃止される可能性があるようです。

情報元:AppleInsider

この記事にコメントする

comments powered by Disqus