ノキア「EOS」のレンズキャップや、「アルミ筐体バージョン」が流出

 Nokiaのカメラ強化モデル「EOS (Lumia 950 ?)」のものと思われる部品がいくつかリークされています。こちらのリーク写真は、EOSのアルミニウムを採用した筐体と見られます。

 さらに「41 MEGA PIXEL」と記述された金属のレンズキャップ(左)も流出しています。「4100万画素 PureView」という高画素カメラを採用する噂の信憑性を高めるものとなっています。海外ブログ「ViziLeaks」のリークした開発機のレンズキャップ(右)は、ポリカーボネートを採用しており、異なる素材です。

 これとは別に、ふたつの塗装されたレンズキャップも流出しています。

 米AT&T向けの「EOS」は、「Lumia 920」と同じくポリカーボネート製の筐体になる可能性が高いと言われています。「EOS」の筐体はポリカーボネートとアルミ、どちらになるのでしょうか。ちなみに、米VerizonWireless向けの「Lumia 928」の筐体はポリカーボネート製、その国際版にあたる「Lumia 925」はアルミニウムを筐体の一部に採用しています。

 「EOS」の正式発表は、7月11日のニューヨークのイベントにて行われると考えられています。どのような筐体が製品版としてあらわれるのか、楽しみに待ちたいところです。

情報元:WPCentral 1, 2

この記事にコメントする

comments powered by Disqus