マイクロソフトがノキア買収を画策、しかし交渉決裂した模様

 Microsoft社が、Nokiaの端末事業を買収するよう交渉を進めていたものの、決裂したそうです。これは日本経済新聞がウォールストリートジャーナルの報道を伝えたものです。

 同社の開発するモバイル用OS「Windows Phone」を採用する「Lumia」シリーズを、精力的にリリースするNokia社。かつてはSymbian OSを採用するスマートフォンで一世を風靡し、世界的に大きなシェアを握っていたものの、iPhoneやAndroidといった勢力に押され、シェアを急落。その後、「Windows Phone」に注力することを決定して現在に至ります。

 Microsoft社はタブレット端末「Surface」を自社で製造することで、ハードウェアも手に入れようという意欲を見せていますが、それがスマートフォンにもあらわれた形となります。同社は「Surface Phone」を開発しているのではないかとの噂がされた時期もありますが、お得意様であるNokia社に触手を伸ばしていたということになります。中国メーカー華為もNokia買収を検討していたそうですから、落ち目の今が狙い目なのかもしれません。

情報元:日本経済新聞

この記事にコメントする

comments powered by Disqus