日本版登場の前触れ?ソニー、赤外線ポートのある「XPERIA Z Ultra」の写真を公開。

 SONY Mobileは、自社のFacebookファンページにおいて、「XPERIA Z Ultra」の新たな写真を公開しました。そこには、存在しないはずのものがカメラの横にあることを確認できます。

 これはおそらく赤外線ポートであると考えられます。「XPERIA Z Ultra」は、SONYが海外で発売するファブレット端末ですが、日本市場における販売はアナウンスされていません。それどころか、ドコモ版の供給がキャンセルされたと伝えられていました。

 一方で、日本市場で販売されるとの情報が、弊サイトと「Blog of Mobile!!」に寄せられており、当初は怪情報だと思っていたのですが、KDDI向けのSONY Mobile製端末の技適認証通過や、今回のFacebookファンページの画像により、少なからず信憑性を帯びたものとなっています。

 大画面の6.4インチFHD、最新のSnapdragon 800 クアッドコア 2.2GHzを搭載しながらも、XPERIA Zよりも薄い6.5mmを実現した魅力的なモデルに仕上がってる本機種。ファンページへの画像公開が、SONYから日本へのささやかなサインなのか、それも単に試作機の画像を誤って掲載してしまっただけなのか、真相の程が気になるところです。

情報元:Facebook 経由:XPERIAblog

この記事にコメントする

comments powered by Disqus