「Honami(XPERIA Z1)」の金属フレーム部品が流出

 スマートフォンの部品を取り扱っている「ETradeSupply」は、「Honami」と呼ばれているSONYの未発表機種の部品を入手し、公開しました。

 特徴的な電源ボタン、ボリュームキー、カメラボタン、microSDカードスロットなどの存在が確認できます。ストラップホールもあるようですね。

 「Honami」はあくまで温泉の名前に因んだ開発上のコードネームであり、「i1」というのも内部の開発区分であり、正式名称は「XPERIA Z1 (Z One)」になるかもしれないと、XDA developersの開発者DooMLoRD氏がツイートしています。

 GレンズBIONZエンジンを初採用した、カメラ機能に特化していながらも、Snapdragon 800や3000mAhバッテリーを搭載した、モンスタースペックのスマートフォンになることが伝えられています。

  カラーバリエーションは白・黒・紫の3色となり、9月4日のベルリンIFAにて発表されることが期待されています。 

情報元:ETradeSupply, digi-wo 経由:XperiaBlog

 

 

この記事にコメントする

comments powered by Disqus