新型iPhoneに向けた動き:ドコモやSprintの販売店が受け入れ準備?

 日本経済新聞は、NTTドコモが次期iPhoneの取り扱いを見送る方針であると報じました。取り扱いキャリアは、従来通りソフトバンクとKDDIになるとのこと。

 一方で、NTTドコモが東京都内に展開しているドコモスマートフォンラウンジと、ドコモショップ丸の内店を、9月11日に臨時休業する動きを見せています。

 何らかの研修があるのではないかと噂されていますが、9月10日には「iPhone 5S」の発表会が行われると伝えられており、勘繰りたくなりますね。Appleの発表会では、取り扱いキャリアも発表される慣行があります。発表会でKDDI、SoftBankに並んでNTT docomoの名前があり、それを見て翌日に殺到するであろう問い合わせの対処のために、1日準備の日を空けている……という話なのかもしれませんね。

 また、北米の通信事業者Sprintは小売店に、iPhoneに関する展示を、9月16日までに変更するよう通達していると伝えられており、海外事業者のこうした次期iPhoneに関する動きは、続々と伝えられていくものと思われます。

情報元:日本経済新聞PhoneArena, marunouchi.com 経由:RINGO-SANCO

iPhone 5S 最新情報

この記事にコメントする

comments powered by Disqus