スマホをコンデジ化する、ソニーの「レンズカメラ QX100 / QX10」の写真がリーク!「Honami」やiOSでも利用可能であることも明らかに

 SONYのカメラ事情に詳しい海外ブログ「SonyAlphaRumors」は、SONYが開発中と噂されていた「レンズカメラ」の写真とプレス画像を公開しました。

 この「レンズカメラ」は、レンズだけでなくセンサー、画像処理エンジンBIONZ、無線LAN、NFC、そしてSDカードスロットを内蔵しています。スマートフォンにNFCで接続し、Wi-Fiで画像をスマートフォンに保存することができる、外付けのカメラモジュールです。

 以下の二種類の存在が明らかとなっています。

  • Sony DSC-QX100 – RX100MIIベース ( 1センサ Carl Zeiss Lens)
  • Sony DSC-QX10 – WX150ベース ( 1/2.3センサ Sony G Lens)

 どちらもCyber-shotをベースとしており、QX100はRX100M2をベースとしています。RX100M2は筆者も所有していますが、コンパクトデジカメのカテゴリでは他の追随を許さない高感度(暗所)撮影が可能です。

 QX10のベースとなるWX150は、国内ではWX200として販売されているミドルレンジモデルです。

 動作対象デバイスは、「SonyAlphaRumors」によればAndroidとiOSデバイスの両方で動作するとのことです。

 このリークされた写真で取り付けているデバイスは、次期フラッグシップとなる未発表Xperia「Honami」であると考えられます

 「Lumia 1020」は非常に出っ張ったカメラを持っており、通常利用時に邪魔と感じるユーザーもいそうなところですが、こちらの「レンズカメラ」はそうした問題を解消しています。さらに本物のコンパクトデジカメをベースに開発されていることから、カメラ性能もスマートフォンの域を大きく飛躍したものとなることが予想出来ます。

 SONYの新型カメラの発表会は、8月14日と9月4日に予定されていると伝えられており、どちらかで発表される可能性が高いものと思われます。ありそうでなかった斬新な本製品。正式発表が非常に待ち遠しいところです。

情報元:SonyAlphaRumors

 

SONY サイバーショット DSC-RX100M2
SONY サイバーショット DSC-RX100M2

XPERIA Z1最新情報

この記事にコメントする

comments powered by Disqus