アップル、「大画面iPhone」をテスト中。4.8~6インチの大型化を検討――WSJ報じる

iphone

 海外メディア「Wall Street Journal」が報じたところによると、Apple社はiPhoneの大画面化を検討するにあたり、評価テストを行っているとのこと。
 テストしている画面サイズは、4.8インチから6インチまでとのこと。これまでにもAppleは選択肢の検討にあたって、様々な試作機をテストしてきています。

 部品サプライヤーの関係筋が証言するところによれば、大画面のiPhoneのテストが開始されたのは、ここ数ヶ月の間であるそうです。評価の結果、Appleが特に関心を示している画面サイズは、4.8インチであるそうです。

 最近のスマートフォンは5インチ以上も当たり前となってきており、6インチを超えるものもあり、こうしたものは「ファブレット(Phablet: Phone + Tabletの造語)」と呼ばれています。Appleも時流に乗って、各種画面サイズを取り揃えた、マルチデバイス戦略へと舵を切るのでしょうか。

 ただし、こうしたテスト中のiPhoneはあくまで評価検討の段階であり、9月中の発売を予定している「iPhone 5S」や「iPhone 5C」は、従来の画面サイズを踏襲するものと思われます。

 また、記事中では「iPhone 5S」について、指紋認証センサーを搭載すると述べられています。

情報元:Wall Street Journal

この記事にコメントする

comments powered by Disqus