日本登場は期待できる?――これがグーグルの大画面スマホ「NEXUS 5」だ。

 GoogleのAndroid 4.4のコードネームが「KitKat」になったのは既報通りですが、キットカットのチョコレートをかたどったドロイド君をお披露目する動画に、まだ未発表であるはずの端末が写り込んでいると話題になっています。

nexus-5-kitkat-google-android4.4

  背面にNEXUSの文字があるものの、これまでに見たこともない機種です。4インチの「NEXUS 4」よりも少し大きく見えることから推測すると、この機種はGoogleが開発を進めていると噂されている、LG電子製の5インチスマートフォン「NEXUS 5」であると考えられます。本機種は、「Android 4.4 KitKat」とSnapdragon 800という、最新・最上位のOSとSoCを採用しており、長く付き合えそうな構成となっています。

 この数少ない外観の映像を元に、海外フォーラムredditユーザーが作成したレンダリング画像がこちらです。

Nexus-5-concept-640x581

 「NEXUS 4」は、随分と遅れて日本市場に投入されていますが、「NEXUS 5」の取り扱いは期待できるのでしょうか。

 少なくとも技適は通過しており、日本で発売された「NEXUS 4」同様、NTTドコモのFOMAプラスエリアを掴むことが出来ます。電波の届きにくい山の中などをカバーするプラスエリアを掴むのは、非常に実用的です。

 しかしながら、技適認証に精通した国内ブログ「Blog of Mobile!!」は、周波数構成の特殊性を指摘しており、ドコモなどの国内事業者から販売される可能性は低いと指摘しています。

 もし日本で購入できるとすれば、国内キャリアの販路を通さない方法――家電量販店やGoogle Playでの購入、または個人輸入――になりそうですね。とはいえ、まだ未発表機種ですから、ちょっと気の早い話ではあります。

 Wi-Fi、SIMフリーで利用可能な「NEXUS 7」も日本で人気が出ており、この波に「NEXUS 5」が乗ってほしいと願うばかりです。

情報元:YouTube, reddit, Blog of Mobile!! 経由:Phandroid, Androidlover.net

この記事にコメントする

comments powered by Disqus