ソニーのレンズカメラの正式名称は「スマートショット」になる? 新たにホワイトモデルの存在も明らかに。

 カメラの最新情報に詳しい「デジカメinfo」は、読者からのリークを受けて、SONYの「レンズカメラ」に関する新情報と、プレス画像をリークしました。

Smart Shot DSC-QX100

 Cyber-shot RX100Ⅱ(DSC-RX100M2)をベースにして開発中であると噂されてきた「レンズカメラ」です。SONYのデジカメ事情に詳しい海外ブログ「SonyAlphaRumors」は、正式な製品名は、”スマートフォン”と”Cyber-shot”を合わせた造語「Smart Shot」になると伝えています。

 NFCを起点に、ワンタッチでスマホとWi-Fi接続が可能。スマートフォンに装着して、スマートフォンを手軽にコンデジ化してしまおうというコンセプトの新しい製品です。

 XPERIAだけでなく、PlayMemoriesをインストールできるAndroidおよびiOS端末でも利用可能とのこと。端末側のPlayMemoriesアプリから、Wi-Fiによる無線接続を介して、(必ずしも装着せず、多少距離が離れていたとしても)「Smart Shot」の操作が可能であるとのことです。個人的には、スマホではなく、iPadなどのタブレット端末で面白い使い方ができるのではないかと感じます。

 QX100のレンズはカール・ツァイスのバリオゾナー(Vario-Sonnar) T*で、光学ズームは3.6倍。センサーは2000万画素の1インチ Exmor R 裏面照射型CMOSになるとのことです。

 店頭価格は450ドル前後となる見込みです。RX100よりも価格は抑えられそうですね。

 

Smart Shot DSC-QX10

 スマートフォンに装着することで、最大10倍の光学ズームが可能です。手ぶれ補正も付いており、手軽に望遠撮影が楽しめます。

 レンズはGレンズ、センサーは1800万画素 1/2.3インチExmor R裏面照射型CMOSとなり、暗所の高感度撮影にも優れます。

 QX10のカラーバリエーションはブラックに加え、ホワイトモデルが存在するようです。ゴールドが美しいですね。店頭価格は250ドル前後となるようです。

 個人的には、既に所有しているRX100M2がほとんどメインのカメラ機になっているので、望遠用のサブカメラとしてQX10を使ってみたいです。

情報元:デジカメinfo 1, 2, SonyAlphaRumors

この記事にコメントする

comments powered by Disqus