iPhone 5s / 5cよりも売れ筋――国内市場の販売台数ランキング、第1位はなんとau版 iPhone「5」に。

iphone-japan-market

 BCNの週間売れ筋ランキングが発表されています。

 iPhone 5s / 5c発売以降、ランキングは見事にiPhone1色。大人気のiPhone 5sは容量が3種類、キャリアが3種類ですから、必然的にこういうことも起きてきます。さらに10位以下にもこの調子でiPhone 5cがひしめき合っているわけです。もはや圧巻。

 唯一、SAMSUNGのGALAXY S4 SC-04Eのみ9位(先週10位)に食い込むなど、健闘を見せています。

 9月23日から9月29日のランキングは次の通り。1位は5sでも5cでもなく、まさかのiPhone 5です。

  • 1位 iPhone 5 16GB(au)
  • 2位 iPhone 5s 64GB(SoftBank)
  • 3位 iPhone 5s 32GB(au)
  • 4位 iPhone 5 16GB(SoftBank)
  • 5位 iPhone 5s 32GB(SoftBank)
  • 6位 iPhone 5s 64GB(au)
  • 7位 iPhone 5s 64GB(NTT docomo)
  • 8位 iPhone 5s 32GB(NTT docomo)
  • 9位 GALAXY S4 SC-04E
  • 10位 iPhone 5s 16GB(SoftBank)

 これはKDDIが、旧型のiPhoneをMNP一括0円で投げ売りしていることによるもの。SoftBankも一括0円はよく見かけるものの、KDDIはさらに上回るキャッシュバックを積んでいることが勝因と言えそうです。

 なにやら美味しい話にも思えますが、これは完全な在庫処分セールということに注意して下さい。KDDI版のiPhone 5は2.1GHz帯のLTEにしか対応しておらず、このような製品を今、買うというのは賢い買い物とは言えません。しっかり1年~2年使うつもりなら、このような投げ売りには惑わされず、5s / 5cを選ぶようにしましょう。

情報元:BCN

この記事にコメントする

comments powered by Disqus