NTTドコモ、「ツートップ戦略」終了か。事実上のiPhoneの一人勝ちに

gold-iphone-5s-ntt-docomoapple-5s

 日本経済新聞は、NTTドコモの「ツートップ戦略」は、冬商戦には継承されないと報じました。

 NTTドコモは夏モデルにおいてSONYのXPERIA、SAMSUNGのGALAXYを主力機主として多額の販促費を集中、料金体系においても差別化する「ツートップ戦略」を展開。他社への流出が止まらない「苦境」のドコモを象徴する出来事として、良くも悪くも話題を集めました。

 冬商戦においてはソニー・シャープ・富士通の3社を推す「スリートップ戦略」がとられると報じられていましたが、今回、そのような宣伝は打たれない模様です。

 ただし、各メーカーを販促費において差別化する方針は継承されるものとみられます。AppleはiPhoneの販売台数にノルマを課しており、iPhoneへの販促費集中は行われる見通しであることから、冬商戦は事実上のiPhoneの「ワントップ」となりそうです。

情報元:日本経済新聞

この記事にコメントする

comments powered by Disqus