「iPad mini Retina」に発売延期の可能性――SHARP製の歩留まりが悪く、液晶供給にサムスン追加も?

ipad-mini-2-retina

 韓国メディアETNewsは、Appleが第二世代iPad mini(Retinaディスプレイモデル)の発売を延期するようだと報じました。

 iPad miniがRetinaで高精細化したことにより、焼き付き問題が発生しており、これがAppleの厳しい基準に適合しないためとのこと。

 今回、ディスプレイの供給元はLGとシャープですが、特にSHARP製の生産歩留まりが悪いそうです。Appleは、液晶方式をアモルファスシリコンからLTPSにすることや、SAMSUNGをディスプレイの供給元に加えることで、iPad miniの生産問題を解消する見込みであるようです。

 以前からサプライチェーンに通じたDigiTimesが、SHARPの供給不足により、第二世代iPad miniは2014年初頭まで入手が難しくなると伝えており、今回のETNewsの報道はそうした観測を改めて追認するものとなります。

情報元:DigiTimeETNews 経由:気になる、記になる

この記事にコメントする

comments powered by Disqus