噂:アップルの「iOS 8(コードネーム:Okemo)」は、「iWacth」で我々の健康を管理する

ios-8

 Apple関連のニュースに通じた海外大手ブログ9to5Macは、Appleの計画に詳しい関係者筋を情報源として、次期モバイルOS「iOS 8」に関するリーク記事を掲載しました。

 それによれば、「iOS 8」はコードネーム「Okemo」の名称で開発され、ユーザーのフィットネスや健康を管理できる統合アプリケーション「Healthbook」が搭載されるとのこと。

fitness-1

 このアプリは消費カロリーから歩数、血圧、心拍数、血糖値に至るまでを、開発中の腕時計型端末「iWacth」で収集するそうです。そうしたデータをもとに、たとえば薬をいつ飲まなければならないのか、リマインダが自動作成され、アラームでユーザーに伝えてくれるというわけです。

 最終的には、医療に関するほとんど全てを完了できる、包括的なソリューションを想定しているものと予測されています。私見ですが、病院でもらった処方せんを記録する「おくすり手帳」を、将来的に代替する可能性を秘めていそうですね。9to5macのリークは、真実味を帯びていると感じました。

 ちなみに、この分野で立ちはだかるライバルが、Samsungです。既にSamsungは健康管理サービス「S Health」を提供し、GALAXYで利用可能にしています。Appleの計画に、「iWacth」は不可欠な存在であると考えられていますが、SAMSUNGも腕時計型端末「GALAXY Gear」を市場投入しており、この端末に各種生体センサーを充実させていくことも可能でしょう。

 また、SONYもNFCを内蔵したリストバンド型の活動量計「SmartBand」を正式発表しています。なお、「Smart Band」も、「iWacth」や「GALAXY Gear」同様、スマートフォンとの連携を前提としています。

 今まではいまいち盛り上がっていなかった、腕にはめるタイプの端末ですが、Apple、や他のスマートフォン製造メーカーがこの分野に続々と参入することで、今後この分野における競争が激化することが予想されます。

情報元:9to5mac 経由:AppleInsider

この記事にコメントする

comments powered by Disqus