[訂正]中国レノボ、「モトローラ製」Windows Phoneを日本市場に投入検討――日経報道

Motorola-a-Lenovo-Company

 日本経済新聞は、LenovoがMotorolaのブランドを活用し、日本のスマートフォン市場に参入することを検討していると報じました。これはMWC2014で、同社CEOがインタビューに応じたことによるもの。

 Lenovoは中国の大手PCメーカーで、中国スマホ市場のトップシェアを誇っています。Google傘下にあった世界的な携帯電話メーカーMotorolaを、先月買収したのがLenovoです。

 シェアこそあるものの、まだまだ世界におけるスマートフォンのブランド力は構築している最中にあります。日本でも一般消費者へのLenovoの認知度は高くなく、スマートフォン分野となればなおのことです。そこでMotorolaのブランド力を活かして、日本市場に切り込むというのは理にかなった話です。MotorolaはPHOTONやRAZRといったスマートフォンを日本市場で販売していた実績があります。

 また、インタビューによれば、Microsoft製のOSを搭載したスマートフォンを想定しているようで、つまりWindows Phoneを搭載したスマートフォンをMotorolaが日本市場で登場する可能性があるということになりそうです。

情報元:日本経済新聞

[訂正]初出において断定的な文体となっており、誤解を招くタイトル・内容であったことから、お詫びして訂正させていただきます。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus