au版も存在――「GALAXY S5」のスペックを海外有名ブロガーがリーク。WQHD有機ELや3200mAhバッテリーなどの仕様を追認

samsung-unpacked

 SAMSUNGは、製品発表イベント「UNPACKED 5」の開催を予告しました。イベントは、2014年2月24日の20時から、スペイン・バルセロナで開催されます。

 そこで発表されると期待されているのは、フラッグシップモデルの「GALAXY S5」です。イ・ヨンヒ副社長も「GALAXY S5」の発表時期は例年通りと発言しており、整合性があります。

samsung-galaxys5

 ロシアの「Unwiredview.com」の有名ブロガー Eldar Murtazin氏が本日、Twitterで新たにリークした情報によれば、「GALAXY S5」のスペックは以下の通りになります。

  • 5.24インチ WQHD(2560×1440)解像度
  • 高密度な560ppiの有機ELディスプレイ
  • 3GBの実行用メモリ
  • 32GB または 64GBの内蔵ストレージ
  • Exynos 6 または Snapdragon 805
  • 320万画素のフロントカメラ
  • 1600万画素のメインカメラ
  • 容量3200mAhのバッテリー

 多くの仕様において、他のリーク情報と符号しています。SoCに関しては、Snapdragon 800 MSM8974ACとも伝えられていましたが、今回のリークではSnapdragon 805とより高性能なものを搭載するとされています。地域や通信方式によっては、Exynos搭載モデルが存在するのは従来通りです。

 他の噂としては、筐体が金属とプラスチックの2種類存在する、虹彩認証や指紋認証が搭載されるといったものがありましたが、Eldar Murtazin氏はこれについては言及せず、新しいバージョンの「S-Health」と複数のアクセサリーが登場すると述べ、トレンドとなりつつあるフィットネス・健康管理の機能強化を示唆しました。ちなみに、「GALAXY S5」以降は独自UI「TouchWiz」も刷新されることがリークされています。

new-touchwiz

 また、SamMobileがリークしたGALAXY S5 SM-G900Dの型番一覧には、JPN_DCMJPN_KDIの2種類も含まれており、日本国内での取扱事業者はNTT docomoとKDDIになると考えられます。これまでKDDIはSAMSUNGのフラッグシップのスマートフォンをそのまま扱ったことはなく、一足遅れて、性能が異なるモデルを扱うにとどまってきました。

 しかしKDDIは2013年、SONYのフラッグシップモデル Xperia Z1(SOL23)や、SAMSUNGのGALAXY Note 3 (SCL22)といった機種を、グローバルモデル準拠でそのまま販売するといった姿勢を見せており、「GALAXY S5」がそのまま「SCL23」としてauから登場するのは、むしろ自然な流れと考えらます。

 「GALAXY S5」も含めて一体何が飛び出してくるのか、「UNPACKED 5」では全てが明らかになります。楽しみに待ちましょう。

情報元:SamMobile 1, 2, Twitter

GALAXY S5の最新情報

[訂正]GALAXYの型番が誤っておりましたのでお詫びして訂正いたします。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus