「格安SIM」の競争激化――ソフトバンク、MVNOにLTE回線開放の方針

softbank_logo

 SoftBankは、LTE回線の卸売りを始める方針を固めたと日本経済新聞が報じました。今春にも総務省に申請する見通しで、実現すればSoftBankの回線を利用したMVNOのサービスが登場することになります。

 従来、SoftBankは「L3接続」(WILLCOMやE-MOBILEへの回線提供)しか行ってきませんでしたが、今回「L2接続」を認めることで、MVNO(仮想移動体通信事業者)が回線の設定を細かく設定することができます。このような回線の卸売りは、NTTドコモが先行してきました。

 MVNOは、大手キャリアの回線を間借りして通信サービスを展開する事業者のことです。日本通信やIIJmioといった、話題の「格安SIM」を販売している会社がこれにあたります。SIMフリーのスマホやタブレット、もしくは使い終わった端末にSIMカードを挿すことで、インターネット等を格安で利用することができます。

 SoftBank回線のMVNOへの販売のほか、総務省が回線の接続料を大きく引き下げるガイドライン改訂も行っており、今後、価格を含めた競争の激化が予想されます。SIMフリーや中古白ロムの選択肢が豊富になってきた今、消費者の次なる需要は、回線契約の選択肢の充実なのかもしれません。

情報元:日本経済新聞

この記事にコメントする

comments powered by Disqus