Z2やTablet Zも?ソニー、2月24日に新製品発表会を開催

Mobile-World-Congress-Sony

 海外ブログ「Xperia Blog」は、SONY Mobileから送られた招待状の画像をアップロードしました。発表はスペインのバルセロナで2014年2月24日から開かれるMWC 2014となっており、リーク通りとなっています。

 MWC 2014では、XPERIA Z2 (Sirius)やXPERIA Tablet Z後継機(Castor)が正式に発表されるものと考えられています。 

 XPERIA Z1 (Sirius)のディスプレイは5.2インチ、解像度はFull HD、SoCはMSM8974AB(Snapdragon 800の高速化版) 2.3GHz クアッドコア、実行用メモリは3GB、カメラの解像度は2070万画素、OSバージョンはAndroid 4.4 KitKatなど、ライバルに負けないスペックを確保しています。

 XPERIA Tablet Z後継機(Castor)は、MSM8974ABを搭載、KDDI向けのWiMAX2+対応モデルも用意されているAndroidタブレットです。

 これらの機種の開発コードネームはSiriusやCastorであり、いずれも星座の名前であることから、2014年のXPERIAシリーズの開発コードネームは星座で統一されると考えてよいでしょう。ちなみに2013年のXPERIAの開発コードネームは温泉、2012年は鉄道でした。

 一体どのような機種となるのか、MWC 2014が楽しみなところです。

情報元:Xperia Blog

判明した次期主力XPERIA(シリウス)のスペック――実行用3GBメモリ、MSM8974AB、Android 4.4、5.2インチFHD

XPERIA Z2 SO-03F / SOL25 最新情報

この記事にコメントする

comments powered by Disqus