アップルが2014年に発表する新製品――実績ある証券アナリストが予測

applekuoroadmap

 これまでに何度もApple製品に関する予測を的中させている香港KGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏が、2014年に登場するApple製品に関する予測をまとめています。

iPhone 6

iPhone 6 Renderings Ferry Passchier

画像引用元:MacRumors

 4.7インチと5.5インチの2モデル展開。4.7インチモデルは解像度1334×750 (密度326ppi)、5.5インチモデルは解像度1920×1080 (密度401 ppi)。画面・筐体の巨大化に伴い、電源ボタンは上部から側面へと移動されるとのこと。

 両者ともにプロセッサーはA8、実行用メモリは1GB、LTPSディスプレイ、800万画素の手ぶれ補正付きカメラ、Touch ID、そしてNFCを搭載。ベゼルは狭くなり、厚さは6.5~7.0mmとなるそうです。4.7インチモデルは9月に登場し、5.5インチモデルは遅れて登場するとのこと。5.5インチの64GBモデルは、サファイヤガラスをディスプレイに用いるかもしれないと同氏は推測しています。

第2世代iPad Air 2 & iPad mini with Retina 2

10003738_588446594583780_605274206679170848_o

画像引用元:MacRumors

 iPad Air 2およびiPad mini Retina 2は、指紋認証センサーTouch IDとA8プロセッサーを備えるそうです。iPad Air 2はそれに加えて800万画素カメラも備えるそうです。

 なお、iPad mini Retina 2は、前モデルよりも低コストになるとのこと。(このサイズはライバル製品との価格競争が激しいですからね)

iWatch

 1.3インチと、1.5インチ(または1.7インチ)の2サイズ展開に。生体センサーやNFCを搭載し、他のApple製品と連携するデバイスになりそうです。ディスプレイは有機ELで、耐傷性の高いものが搭載される見通し。

12.9インチ iPad Pro

 Appleは12.9インチのiPad Proを開発中ではあるものの、2014年内の登場は期待しないほうがいいと述べています。

12インチ Macbook Air

 薄い12インチのMacbookAirは、ボタンがないトラックパッドを搭載し、ファン非搭載、高解像度のディスプレイを搭載するそうです。 

iMac

 より安価になり、第2四半期に登場とのこと。

Apple TV

 フルテレビジョンなどにはならず、あくまでも既存のセットトップボックス型のアップグレード版にとどまります。App Storeが提供され、モーションテクノロジーにも対応するそうです。

総評

 個人的には、電源ボタンの位置が側面に移動するという推測を面白いと感じました。この点は、SONYのXPERIAが側面に移動させつつ、それをSONY製品のデザイン統一のシンボルにまで昇華させています。また、LGは背面に電源ボタン・音量キーを配置するといった工夫を凝らしており、各メーカーの個性があらわれている部分だけに、後発で大画面スマートフォン・ファブレットに挑むAppleの「見せ方」に期待したいところ。

 iWacthといった「ジョブズ以後」の新しいカテゴリのデバイスが登場し、他の製品の刷新もたくさん用意されている2014年。今後のAppleの命運を占う上でも重要な年となりそうで、正式発表が楽しみなところです。

情報元:Apple InsiderMacRumors 1, 2, 3

この記事にコメントする

comments powered by Disqus