アップル、iPhone用のベースバンドチップを自社開発か

 DIGITIMESが業界筋を情報源に報じたところによると、Appleがベースバンドチップの自社開発に乗り出したそうです。ベースバンドチップとは、3GやLTEなどモバイルネットワークの通信を行う部品です。

 それによれば、Appleは2015年のiPhoneに向けて、ベースバンドチップを開発する研究チームを立ち上げたとのこと。製造を請け負うのはSAMSUNGとGlobalfaundries(グローバル・ファウンドリーズ)になるそうです。

iphone-6-gold

画像引用元: NWE

 他の情報では、Appleはアプリケーションプロセッサーとベースバンドチップを統合したSoC(システム・オン・チップ)を開発していると伝えられていますが、この業界筋はAppleは単体のベースバンドチップを使うと述べています。

 もしAppleが自社で開発したベースバンドチップを使う場合、従来チップを提供してきた台湾TSMCや、ベースバンドチップの世界シェア50%以上を握るQualcommに、影響は避けられない見通しです。

情報元:DIGITIMES 経由:BGR

この記事にコメントする

comments powered by Disqus