狭額縁デザイン必至?iPhone 6の成形金型の画像がリーク。

 中国のマイクロブログWeiboにおいて、Appleの未発表モデル「iPhone 6」の金型、設計図がリークされました。

iphone6_chasis2iphone6_chasis1

 これによると、iPhone 6の幅は63.2mmとなり、iPhone 5sは58.6mmであることから、幅は4.6mm大きくなると考えられます。iPhoneよりも若干大きい、4.3インチディスプレイを搭載したXPERIA Z1fの幅が65mmであると考えると、相当にベゼルを狭めた、狭額縁デザインが想定されます。

 高さについては、5sの123.8mmから、134mmと縦長に伸びていることがわかります。

 そして製造金型自体の画像もリークされています。

iphone6_molds_die2-800x528

 これらの画像は、Apple製品の製造を請け負うFoxconnの工場からリークされた模様です。従来のApple製品のリークも、中国発のものが多かったですが、iPhone 6もその例に漏れていないようです。

 iPhone 6の登場時期は、4.7インチモデルが9月頃で、5.5インチモデルはそれよりも後に出てくると伝えられています。

情報元:Weibo 経由:MacRumors

この記事にコメントする

comments powered by Disqus