中国メーカー小米の次期フラッグシップ「Mi3S」のスクリーンショットが流出

 中国製の端末に通じた海外ブログGizchinaによると、中国マイクロブログサービスWeibo上に、中国メーカー小米科技(Xiaomi)の未発表スマートフォン「Mi3S」のスクリーンショットがリークされました。 

xiaomi-mi3s-screenshot.jpg.pagespeed.ce.vEqmff918G

 名称からわかる通り、昨年のフラッグシップモデル「Mi3」をベースに、性能を引き上げた次期フラッグシップモデルになると考えられます。スクリーンショットからはOSはAndroid 4.4.2 Kitkat(をベースにしたMIUI)、実行用メモリは3GB、内蔵メモリは16GB、SoCは2.5GHz駆動(一説にはSnapdragon 801AC)といった仕様が確認できます。

 他の噂によれば、デザインの変更やベゼルの狭額縁化、前面800万画素カメラなどの仕様が伝えられています。

33099_06_xiaomi_s_mi3_is_the_fastest_smartphone_ever_costs_just_327_full

(画像は現行のMi3)

 このような噂通り高スペックの「Mi3S」が、もし控えめな価格で市場投入されるとなれば、再びOnePlus Oneのように、海外で脚光を浴びる可能性が高そうです。

 小米科技は、ユーザー目線のモノづくりで、高性能機種を低価格で投入し、シェアを急速に拡大しており、海外メディアでは「東洋のApple」の異名で呼ばれる新興メーカーです。OPPOやOnePlusなど、最近話題となるのは何かと中国メーカーが多いですね。今後の成長が楽しみなところです。

情報元:Weibo 経由:Gizchina

この記事にコメントする

comments powered by Disqus