ベンチマークから「強化版GALAXY S5」の存在が明らかに――3GBメモリ、解像度2560×1440、Snapdragon 805

sgs5

 端末の処理能力を測定する「GFXベンチマーク」に、SAMSUNGの未発表端末が登場しました。

SM-G906S-benchmark-scores

 SAMSUNGのGALAXY S5(SM-G900, SC-04F, SCL23)とは別に、「SM-G906S」という型番が登場しています。解像度は2560×1440となっています。

 どうやら「SM-G906S」は、以前から噂のあった、スペックアップされたGALAXY S5のプレミアムモデルの可能性が高そうです。Phone Arenaはスペックについて追記をしていますが、それによればQualcomm Snapdragon 805 クアッドコア 2.5GHz、3GBの実行用メモリ、5.2インチQHD(2560×1440)のディスプレイを搭載するとのこと。これらは、当初GALAXY S5のスペックとして伝えられていたものと一致します。

 実際に発表されたGALAXY S5は、GALAXY S4と変わり映えのないスペックで、一部ファンの失望を買いました。しかしそうしたスペックを重視するユーザーをキャッチアップする存在が、「SM-G906S」となるのかもしれません。AppleのiPhoneも5sと5c、4.7インチと5.5インチ、といった具合に2ラインナップとなっているので、SAMSUNGもそのような戦略に切り替えるということなのかもしれませんね。 

情報元:GFXBenchPhoneArena 経由:SamMobile

この記事にコメントする

comments powered by Disqus