サムスンのWindows Phone搭載機「ATIV SE」が正式発表

samsung_ativ_se_render

 MicrosoftのBuild 2014にあわせ、SAMSUNGのWindows Phone搭載スマートフォン「ATIV SE」が正式発表されました。SAMSUNGはMicrosoft製のOSを搭載した端末は「ATIV(アティーブ)」ブランドにして、GALAXYブランドとは別けています。

「ギャラクシー」じゃないよ「アティーブ」だよ。サムスン渾身の「Windows Phone 8」端末「ATIV S」レビュー

 北米での取扱事業者となるVerizon Wirelessは予約受付を開始しています。

Ativ-SE

 出荷時のOSバージョンはWindows Phone 8.1ではなく、8を搭載します。スペックは以下の通り。

 チップセット Qualcomm MSM8974 Snapdragon 800 クアッドコア 2.3 GHz
 ディスプレイ 5インチ Full HD, 有機EL方式
 実行用メモリ 2 GB
内蔵ストレージ 16 GB
 カメラ 1300万画素
 バッテリー 2600 mAh
 OSバージョン Windows Phone 8
寸法  137.7 x 69.9 x 8.4 mm 135.8g
その他 Wi-Fi ac, Bluetooth 4.0, NFC, DLNA

 価格は$599、Verizonとの2年契約なら実質価格は$199となります。

情報元:SamMobile, Verizon

この記事にコメントする

comments powered by Disqus