シャープ、スマホ・タブレットのブランド名を「アクオス」に統一。

sharp-aquos-phone-pad

 日本経済新聞は、SHARPがスマートフォン・タブレット端末のブランド名称を「AQUOS(アクオス)」に統一すると報じました。

 これまで、SHARPはスマートフォンは「AQUOS PHONE(アクオスフォン)」、タブレットは「AQUOS PAD(アクオスパッド)」に名称を別けていましたが、この垣根を取り払う形となります。

 東南アジアなどの海外市場では、SHARPのモバイル端末の認知度は低いため、比較的知名度の高いSHARPのテレビブランド「AQUOS」をそのまま名乗ることで、テコ入れを図りたい思惑があるようです。また、SHARPは海外の法人向けにも「AQUOS」ブランドで訴求する見通しです。

 確かにXPERIAやGALAXYも、「エクスペリアフォン」や「ギャラクシーフォン」なんて呼びませんし、テレビの高級・高画質のイメージをスマートフォン・タブレットにも使えますから、これはこれでブランドイメージ向上にはアリなのかもしれません。ただしこれからは「AQUOS」という単語が出てきたら、テレビなのか、スマホなのか、タブなのか区別するには、会話・文章の行間を読む必要がありそうです。

情報元:日本経済新聞

この記事にコメントする

comments powered by Disqus