ソフトバンク、メタルフレームの3辺狭額縁「アクオス Xx 304SH」を正式発表

sharp-aquos-xx-304sh

 SoftBankは、SHARPの夏モデル「AQUOS Xx 304SH」を正式に発表しました。既報通り、本モデルよりブランドが「AQUOS PHONE」からTVブランドの「AQUOS」に統一されています。

 省電力なPureLED搭載IGZO液晶にて、理論値で公称「3日間」使用可能。とはいえ電池容量はAQUOS ZETA(NTT docomo向け)、SERIE(au向け)よりも少ない、2600mAhとなっており、これは前モデル302SHと同じ容量です。しかし前モデルより若干、軽量化されています。

 日本独自機能としては順当に全部入り。カメラに写った外国語を翻訳できる「かざして翻訳」も搭載します。

 通信は「Hybrid 4G LTE」に対応。従来のiPhone向けであったFDD-LTEと、Android向けのTD-LTE(AXGP)をデュアルモードで利用できます。

OS Android 4.4 KitKat
CPU  Qualcomm Snapdragon 801 MSM8974AB クアッドコア 2.3GHz
メモリ  2GB
ストレージ  32GB
 ディスプレイ 5.2インチFHD(1920×1080) IGZO液晶
カメラ  1310万画素  (インカメラ: 210万画素)
 バッテリー 2600 mAh 
寸法 72×135×9mm 
重量 137g
その他  microSDスロットあり、防水防塵(IPX5/IPX8)、赤外線、FeliCa/NFC、フルセグ

 カラーリングはプレシャスゴールド、ホワイト、ブラック、レッドの4色展開。周囲をメタルフレームで囲い、高級感を重視していることが伺えます。

index_pic_03

 発売日は5月下旬を予定し、予約受付開始は5月1日からとなります。また、発売日前日までに予約をした人が、6月8日までに購入した場合、Google Playで使える5000円分のコードをプレゼントするキャンペーンも実施されます。

 SoftBankは、今夏の新製品発表会を行いません。3.11の震災を受けて中止して以来のことになります。とはいえ世界では、移動体通信事業者が新製品発表会を定期的に、大々的に開催する方がまれなので、むしろこちらの方が世界標準と言えるのかもしれません。

情報元:SoftBank

この記事にコメントする

comments powered by Disqus