iPhone 6のバックパネルが流出

 Apple製品のアクセサリーや交換部品を扱うオーストラリアの業者Macfixitは、中国から入手したとするiPhone 6のバックパネルをリークしました。多くの特徴が、出回っている寸法をもとにケースメーカーたちに試作されたモックアップと類似しています。

Back-Coveriphone

 遠目に見ると、これまでに無いグリーンで目を引きますが、おそらくこれは保護用のフィルムの色でしょう。カメラ周辺部から、保護フィルムに覆われた下には金属筐体があることを伺わせます。

 カメラのフラッシュの部分が、iPhone 5sとは形状が異なっています。ほかのiPhone 6のものとされるモックアップも、多くはフラッシュ部分の形状は丸型でした。

 Appleロゴの部分はおそらくくり抜かれているのでしょうが、この写真だけでは断定できません。

 iPhone 6は今年の後半に登場と伝えられています。また、6月2日のWWDC14では、iPhone 6にプリインストールされると思われる、次期モバイルOSの「iOS 8」がお披露目される見通しです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus