マイクロソフト、「Surface」ブランドのTVドングル開発中か

 ドイツのブログDrWindows.deは、MicrosoftがSurfaceブランドを冠したTVドングルを開発中であると報じました。

surface_miracast

 このTVドングルは、MiracastによりWindows Phone 8.1搭載機やタブレットデバイスと連携し、無線でTVにコンテンツを出力するもの。映像出力のHDMI、給電用のUSBの計2ポートを専有するものとみられます。

 このようにTVに接続するタイプのドングル、セットトップボックスといったジャンルの製品は、AmazonやGoogleなどの大手メーカーを始めとして、各社が続々と製品をリリースしています。

 特に本日5月28日、日本市場で発売されるChromecastとは直接競合する製品となりそうです。好評のタブレットデバイス「Sruface」のブランドを冠する以上、妥協は許されないでしょう。Microsoftは、機能はもちろん価格でも競合を意識する必要があります。続報に期待です。

Google Chromecast ( Wi-Fi経由 テレビ接続 ストリーミング / HDMI / 802.11b/g/n / 1080p ) GA3A00035A16
Google Chromecast

この記事にコメントする

comments powered by Disqus