GALAXY S5 Primeの信憑性ある詳細な実機画像、初のリーク。

 これまで、SAMSUNGが2Kディスプレイを搭載した「GALAXY S5 Prime SM-G906(開発コード:KQ)」を開発していることは、複数のリークや韓国紙の報道から確実視されています。

 しかしながら、これだけのリークが行われていながらも、実機の画像やプレス画像といったものが殆ど流出していない不可解な状況でした。過去にWindyLeakがリークしたものは、流出対策により詳細なデザインが確認不能なものです。

BkYtRg0CIAI4e3a

 TK TECH NEWSのリークしたものは、まるでGALAXY S5とデザインが同じで、疑わしいものです。

 一方、ここにきてPhoneArenaにリークされたGALAXY S5 Primeの実機画像は、非常に信憑性のあるものです。まず、GALAXY S4を彷彿させる狭いベゼルですが、明らかにGALAXY S4とは異なります。2Kディスプレイであるかどうかは確認できませんが、少なくとも画面上に表示されているUIや壁紙はGALAXY S5以降のもの。さらに端末下部にはGALAXY S5同様microUSBの蓋があるため、防水仕様の可能性が高いものと考えられます。

 GALAXY S5 Primeは、GALAXY S5の5.1インチよりも若干大きい5.2インチディスプレイになると伝えられており、ベゼルを狭くして画面サイズを拡大していると仮定すれば、本体サイズはあまり変わらなさそうですね。

 また、もし本機がGALAXY S5である場合、端末の背面にスピーカーがあるはずです。

2014-05-18 06.46.27

(参考:GALAXY S5 SC-04F)

 ところが、リークされた実機画像の背面にはスピーカーが無く、端末の下部、microUSBの蓋の左に、スピーカーらしき穴が開いているのが確認できます。

Leaked-pictures-of-the-Samsung-Galaxy-S5-Prime-1

 このスピーカーの位置は、過去にWindyLeakがリークした、流出対策が施されたGALAXY S5 Primeのそれと全く同じです。

galaxy-s5-prime-sm-g906

 文字ベースの情報ではない、初めてデザインを確認できる実機画像のリークと言えるかもしれません。

 これまでの噂では、GALAXY S5 Primeは、Snapdragon 805、2Kディスプレイ、3GBメモリを搭載すると見られています。製造数はあまり多くないとのリークもあり、一説には「上位版S5」ではなく「LTE-A対応版S5」などの位置づけとなることから、特定の一部市場で販売されるモデルとなるのかもしれません。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus