東芝、グーグル「自作スマホ」に半導体独占供給

project-ara-theverge-2_1020

  日本経済新聞が報じたところによると、Googleの開発するモジュール型スマートフォン「Project Ara」向けに半導体を独占供給する模様です。

 「Project Ara」はGoogle傘下時代のMotorolaが開発していたスマートフォンで、カメラ、プロセッサ、メモリなどのモジュールをユーザーが好きに交換してカスタマイズすることのできる「自作スマートフォン」とも言えるような製品プロジェクトです。現在GoogleはMotorolaを中国Lenovo売却しましたが、Project Araは依然としてGoogleにて開発が進められています。

 今回東芝が独占供給することになったのは「Project Ara」の各モジュールを脱着する部分が正常に動作するよう制御するための物とのこと。「Project Ara」の根幹部分の部品と言っても過言ではないでしょう。

 また、同記事曰くGoogleの「Project Ara」は2015年を発売の目標としているようです。「自作できるスマートフォン」が登場するのもそう遠くないのかもしれません。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus