アマゾン、初の「自社製スマホ」を6月18日に発表か

Amazon-logo

 Amazonは米シアトルにて、現地時間6月18日にイベントを開催することがわかりました。イベントにはCEOのジェフ・ベゾス氏も参加する模様。

 何らかの新製品を発表する可能性が高く、ティザー動画も公開されています。動画では、様々な人達が「何か」を手に持って触っています。その「何か」にあわせて、顔を動かす様子が映し出されています。

 Amazonが開発中と噂されている未発表の製品として、Amazon初のスマートフォンがあります。同社は電子書籍端末「Kindle」と、その延長上にあるAndroidベースのOS(Fire OS)搭載のタブレット端末「Kindle Fire」シリーズをリリースしていますが、スマートフォンに関してはまだ参入していませんでした。

 Kindle関連の情報源をAmazon内部関係者に持っている海外メディアBGRによれば、Amazonはスマートフォンを2種類開発しており、そのうちのハイエンドにあたるモデルが早期に登場すると伝えています。ハイエンドモデルは、QualcommのSnapdragonプロセッサや2GBの実行用メモリ、Kindleと同じ独自のFire OSを搭載するそうです。

 さらに特徴的な仕様として、3D表示対応の4.7インチディスプレイと、計6つのカメラを備えるとのこと。うち2つが一般的なスマートフォンと同じくメインカメラとフロントカメラにあたり、残り4つは、ユーザーの顔と目の位置を認識し、裸眼立体視による3D表示を実現するために用いられるとのこと。裸眼立体視といえばニンテンドー3DSが代表的ですが、スマートフォンとしてはHTC EVO 3D以来のことになりそうです。

nexusae0_bgr-a-phone-1_thumb

(BGRが入手した試作機。前面にフロントカメラを含む計5個のカメラを確認できる)

 ティザー動画で顔を動かす人々の覗きこんでいた「何か」が、この3D表示対応スマホだとすれば納得がいきます。6月18日が楽しみですね。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus