次期iPhone、5.5型はサファイアガラス採用。iWatchは349ドルに――台湾経済紙

iwatch-apple

 台湾の経済紙「聯合理財網」は、Appleが開発中のiWacthと次期iPhoneの仕様に関して報じました。

 それによれば、iWatchは2014年Q3に登場し、価格は$349程度になるとのこと。部品供給や生産はLargan、Foxconn、Pegatron、Quanta、Inventec、F-TPKが参加。試作機はLG製の有機ELディスプレイを採用しているものの、消費電力に問題を抱えているそうです。出荷は1000万台を見込んでいるとのこと。

 4.7インチ版iPhoneは、LG DisplayとJapan Display(JDI)がディスプレイを供給、引き続きCorning社のゴリラガラスを採用。ディスプレイの生産体制にも問題はなく、6000万台の出荷を見込んでいるそうです。

 一方で5.5インチモデルはサファイヤガラスを採用するものの、歩留まりの悪さにより、2014年内の5.5インチ版iPhone 6の生産は少数になるかもしれないとのこと。サファイアガラスは、衝撃への圧縮応力や引っかき傷への耐傷性も高く、スマートフォンのガラス素材としては理想的ですが、やはりコストや歩留まりの問題は避けられないようです。

iphone-6-space-grey-1

(iPhone 5sとHTC M8に挟まれ佇む4.7インチ版iPhone 6のモックアップ、seekoより)

 これまでの噂をいくらか追認するものとなっており、現実味を帯びてきたように感じます。これらのうち、少なくとも4.7インチ版のiPhone 6は、9月頃に登場すると伝えられています。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus