GALAXY Note 4のディスプレイ仕様、5.7インチWQHDで確定か――認証機関やUAProfより判明

galaxynote-samsung-phablet-galaxy-note-series 

 SAMSUNGの未発表端末「SM-N910A」が、6月10日にインドの認証機関を通過しました。この端末は、ひとつのSIMスロットと、5.7インチのディスプレイを搭載している模様です。

スクリーンショット 2014-06-16 07.26.28

 「SM-N910」という型番は、SAMSUNGが開発中の次期ファブレット端末「GALAXY Note 4」のものと伝えられています。Note 4は、9月開催のIFA2014で発表され、国内ではNTT docomoとKDDIが冬モデルとして取り扱う見通しです。

 また、SAMSUNGの公開しているUAProf(User Agent Profile)によれば、この「SM-N910A」なる機種のディスプレイ解像度は、いわゆる2K(WQHD:2560×1440)になる模様です。

スクリーンショット 2014-06-16 07.21.01

 これらの情報から、次期「GALAXY Note 4」のディスプレイは、5.7インチWQHDで確定とみてよいものと思われます。ディスプレイの方式は、おそらく引き続き有機ELでしょう。なお、前モデルGALAXY Note 3も5.7インチのFull HD解像度の有機ELでした。

 GALAXY Noteシリーズは、WACOM製タッチペンを備えたファブレットの先駆的存在であり、リピーターも多い個性的なブランドです。比較的大型の筐体を生かし、高性能な仕様を実現するといったアドバンテージもあり、Snapdragon 805や3GBメモリ搭載の噂も信憑性があります。Note 4は「Aqua Shot」なる新機能を謳うことがリークされており、筐体の防水規格への対応や、水中でもシャッターを切るための物理ボタンの実装などの新しい仕様が想定され、9月のお披露目が楽しみなところです。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus