WWDC14まとめ

スクリーンショット 2014-06-04 15.31.43

 WWDC14では、iOS 8やOS X Yosemite、新たなAPI、開発言語などが発表されました。ハードウェアの発表こそないものの、iOSとOS Xの密接な連携や、ライバルのAndroidに遅れを取っていた部分を解消する「決断」をユーザーに見せ、そして何より開発者にとって喜ばしい多くのものをお披露目しており、これこそが本来あるべきWWDCの姿と言っても過言ではない、とても良い発表だったと感じます。 

Continuity

スクリーンショット 2014-06-03 03.07.02

 今回のWWDC14での合言葉のひとつが「Contiunity」、つまりデバイスをまたいだ継続性です。

 MacからiPhoneの電話を発着信したり、iPhoneで受信したSMSをMacでも受信したり、iPhoneで書いているメールの続きをシームレスにMacで書いたり、MacとiOS端末のファイルをAir Dropで共有したり……iOS端末とMacがグッと近づく新機能がてんこもりでした。

 iCloudをMacのファイラーから(まるで『Dropbox』のように)直感的に扱えたり、サードパーティ製iOSアプリもiCloudにアクセスできたりと、どんどんiOSとOS Xが近付いてきました。

スクリーンショット 2014-06-03 02.31.52

 Macの最新ソフトウェア「OS X 10.10 Yosemite」は、今回からiOSにあわせて美しい透明なフラットデザインになっています。美しくなっただけではなく、Spotlightの検索対象となるアプリやサービスが増え、それらを串刺し検索することも。その他、機能強化が多数行われています。

通知

スクリーンショット 2014-06-03 02.53.59

 ロック画面から横スワイプで動作を決めたり、メッセージの通知に対してアプリを開かずとも即座に返事を書けるなど、通知からアクションまでのステップが合理化されました。

Health 

スクリーンショット 2014-06-03 05.25.42

 iPhoneは、それ自身がM7プロセッサーによる歩数計を内包しているほか、各種フィットネス機器と連携できます。健康管理にまつわるあらゆるアプリと周辺機器を、シンプルに統合するのが「Health」アプリです。開発者が制作するアプリが、健康に関するデータにアクセスする時に使うAPIが「Healthkit」となります。

 医師がiPhoneのデータを参照しつつ診療し、医師が計測したデータを受診者のiPhoneに保存して、受診者は今後の健康管理に役立てる、そんな未来が着実に近付いています。

Homekit

スクリーンショット 2014-06-03 03.36.49

 iOS端末から照明やドアロック、各種家電を操作可能にするための、「Homekit」が発表されました。今後、各家電・家具メーカーがiOSのHomekit対応を謳って製品を発売することでしょう。SiriのAPIも拡張されていることから、たとえば「寝る」と言えば照明やPCの電源が消えて、「家を出る」と言えばセキュリティシステムが作動するといった未来は、そう遠くないのかもしれません。

Android対抗

スクリーンショット 2014-06-03 02.46.59

 「モバイルのマルウェアの99%がAndroid」「虫みたいなコレ(ドロイド君)からみんな乗り換えてくれました」と、挑発する姿勢を見せたAppleのCEOティム・クック氏。

 世界では(日本を除いて)iOSよりもAndroidのシェアが上回っています。先行する巨大な敵の機能を取り込み、ユーザーを取り込もうとするのは当然でしょう。MicrosoftのWindows Phone 8.1も、そのような部分に焦点が当てられていましたからね。たとえば、iOS 8ではAndroidと同じくアプリごとのバッテリー消費量を確認できます。通知バーからすぐにアクションできるのも最新のAndroid OSの機能ですね。

 これまでiOSにはなく、Androidにしかない絶対的な優位性として、「自由に選べる文字入力」「優れたアプリ間連携(インテント)」「豊富なウィジェット」といったものがありましたが、AppleはiOS 8でこれらのAPIを一挙に開放しました。

 特にキーボードの影響は大きそうですね。早速「mazec」入力の提供元が公式に開発表名をしています。

新しい開発言語

ss2

 新しい開発言語としてSwiftが登場しました。

iOS 8配信機種

iphone 4

 以下の計11機種がiOS 8にアップデートされます。今回iPhone 4が打ち切りとなりました。iOS 8の正式版の一般配布は、秋頃の予定です。

  1. iPhone4S
  2. iPhone 5
  3. iPhone 5c
  4. iPhone 5s
  5. iPad 2
  6. iPad 3rd
  7. iPad 4th
  8. iPad Air
  9. iPad mini
  10. iPad mini Retina
  11. iPod touch 5th

おまけ

 Appleの説明会を大阪弁に翻訳するシリーズの新作が登場しています。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus