アップル、「OS X Yosemite」正式発表!美しいフラットデザインが特徴的に。

wwdc14

 Appleの開発者会議WWDC14が開幕しました。ティム・クックCEOはまず開発者を労いました。最年少の開発者は13歳だそうです。

スクリーンショット 2014-06-03 02.09.33

  OS Xの51%がMarvericks。Windows 8はわずか14%。OS Xの優位性が示されました。

スクリーンショット 2014-06-03 02.11.26

 新OSの正式名称には、カリフォルニア州の国立公園「Yosemite(ヨセミテ)」に因んだものが採用。OS X 10.9 Marvericksも地名です。

スクリーンショット 2014-06-03 02.14.33

 Appleはモバイル向けのiOS 7以降、フラットデザイン化を推し進めていますが、OS X Yosemiteもアイコンがフラットデザイン化。

スクリーンショット 2014-06-03 02.19.13

 随所に背景透過が用いられ、透明感あるUIに。アイコンやオブジェクトなどの陰影が消え、フラットになっていることが確認できます。清潔感があってかっこいいですね。

スクリーンショット 2014-06-03 02.21.16

 ダークなテーマも適用可能。メニューバーもグレー基調に。個人的にはダークで使いたいですね。

スクリーンショット 2014-06-03 02.17.22

 Spotlight検索が中央に出るように。地図やWikipediaなどを何でも検索できます。 人名なら関連する連絡先アプリの項目や予定を串刺し検索可能。iOSに取り入れられていたものが、どんどんMacに逆輸入されている感じが面白いです。

スクリーンショット 2014-06-03 02.19.30

 iCloudがファイラーベースでよりシームレスに。Mac間はもちろん、iOSデバイスでも簡単に扱うことができます。発表を見る限り、クラウドであることをだんだん意識しなくてもよくなっていきているように感じます。

スクリーンショット 2014-06-03 02.25.44

 Safariの機能が強化。検索がより詳細に。検索した時にユーザーが見たらよいものを提案してくれます。どんどんかしこくなってきています。

スクリーンショット 2014-06-03 02.31.52

 Air DropやEmail、TwitterやFacebookなどに共有可能。

スクリーンショット 2014-06-03 02.29.04

 画像を添付して送る際に、画像の加工がすぐできます。Mark Up機能で、画像の注目すべき部分をズームしたり、テキストを載せたりすることができます。伝えたいことを的確に伝えられますね。

スクリーンショット 2014-06-03 02.35.02

 Safari。タブブラウジングも強化。プライベートタブでより強力なプライバシー保護。

スクリーンショット 2014-06-03 02.30.33

 Safariは2時間消費電力に優れ、タブブラウザーとしても有能なんだとか。Chromeを愛用していますが、ついつい開きすぎてしまい、ノートPCだと電池消費に困ることがあるので、こういう配慮は嬉しいですね。パフォーマンスもChromeなどよりSafariの方が2倍も上回っているそうです。

スクリーンショット 2014-06-03 02.30.39

 今回のキーワードのひとつは「継続性」でした。iOS 8とYosemiteの連携は凄まじい物があります。特にiPhoneの発着信をMacデバイス/iPadから行えるのはいいですね。本当にびっくり。

 あとはiOS 8の発表と、新しい開発言語の登場についてもチェックしておきたいところ。ハードウェアの発表はなく、実に本来のWWDCらしい、純粋な開発者会議でした。

 なお、既存MacユーザーへのYosemiteの無償配布は、秋が予定されています。

WWDC14の関連記事

この記事にコメントする

comments powered by Disqus