5.5インチ版iPhoneは、iWatchと同じ12月登場?

 海外ブログGforGamesが、中国ミニブログ微博(Weibo)に書き込まれたサプライチェーン筋の情報を元に、iPhoneとiWatchの発売時期について伝えています。

 それによれば、4.7インチ版iPhone 6は9月に発売されるものの、5.5インチ版iPhone 6は9月に量産が開始され、発売は12月になるとのこと。

 これらの情報は台湾紙「聯合財經網」の報道と概ね一致します。発売時期がずれる理由については、台湾紙Digitimesは、両モデルが競合して売れなくなること(つまり、iPhone 5sと5cのような事態)を避けるための戦略であるとの主旨を報じています。

 さらに、5.5インチ版iPhone 6が登場する12月には、iWatchも同時に発売されるとのこと。いずれの情報もAppleのサプライチェーン筋からの情報と思われますが、かなりの一致を見せているのは興味深いですね。

 SamsungやSonyもスマートウォッチをリリースしていますが、それらはスマートフォンとの連携を前提として機能しており、大画面化・大型化の進むGalaxyもXperiaを補完する意味合いもあります。5.5インチ版iPhone 6とiWatchの同時発売は、新製品が相互に存在意義を見出だせるため、効果的ではないでしょうか。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus