「iPhone Air」はお値段高め?――中国発

 中国メディア「中華網(tech.china.com)」は、AppleがiPhone 6を9月15日に発表、25日に発売すると報じました。中国市場投入は、この最速の発売日に合わせて行われるとのこと。これまでは9月19日発表との説が広まっており、それとは若干ズレのある日付となります。

iphone-6

(TheTechBlockによるレンダリング画像)

 4.7インチ版iPhone 6の16GBモデルは5288元(約8万7千円)、「iPhone Air」と呼ばれる5.5インチ版の16GBモデルは5998元(約9万8600円)になると伝えています。これが事実であるとすると、特にiPhone Airは高額になるかもしれません。これはサファイヤディスプレイ搭載に起因する価格高騰と考えられています。

 高いだけあってか、有名リーカーSonnyDickson氏は、iPhone 6のサファイヤガラスのディスプレイを絶賛するツイートをしています。液晶保護シートの必要性は今以上に薄れるかもしれないサファイヤガラスのディスプレイ。しかもうわさ通りのラウンド加工ともなれば、氏の感想にも頷けるところ。

  中華網は、中国移動(China Mobile)と中国連通(China Unicom)がiPhone 6の試作機で4G LTEネットワークのチェックをしているといった情報も伝えています。今までの各種情報が正しければ、あと2ヶ月で噂の真偽がわかることになりますね。

この記事にコメントする

comments powered by Disqus