「GALAXY Note 3」価格改定で特価、「一括0円」も

samsung-galaxy-note3-so-01f

 国内事業者から販売されている「GALAXY Note 3」が、価格改定でお買い求めやすくなっています。

 NTT docomo版のSC-01Fは、定価9万円台のところ、7万5600円のMNP限定特別割適用により、オンラインショップでも2年契約で1万9440円で販売中。併売や家電量販店等の実店舗では、先月から新しく始まった完全通話定額プラン「カケ・ホーダイ」を契約することを条件に、一括0円での販売が広域にわたって見られました。先月もARROWS NX F-01FやGALAXY Jなど、冬モデルが同条件で安売りされる光景が散見されました。新プランの好調な契約件数は、おそらくこうした特価案件にも下支えされているのでしょうね。

 au版Note 3のSCL22の場合は、端末定価自体が3万円ほど下がり、4万5360円に。さらにMNPで2年契約する場合は、auオンラインショップでも1万2960円で購入可能。このため、実店舗では端末代金をさらに値引き、MNP一括0円で販売する店舗も。

 GALAXY Note 3は、Snapdragon 800や5.7インチ有機ELディスプレイを搭載し、昨年末に発売されたファブレットです。GALAXY S5を上回る実行用メモリRAM 3GBを備えるものの、やや高めの端末価格を敬遠して買い控えていた人も多いかもしれません。自分は昨年の香港渡航時、GALAXY Note 3がグローバル市場でちょうど出た頃で、現地では7万円程度でしたのでかなり惹かれた記憶があります。(あの時はまだ国内事業者が販売できていなかったZ Ultraを買いました)。やたらと定価の高い国内版のNote 3を当面買うことはないかもしれないなと、当時思いました。今回はMNP一括0円のお店で、GALAXY Note 3を入手することができてラッキーでした。

 9万円だったものが0円に急落するような現在の売り方は、総務省のSIMロック解除義務化などの動きで、変化を余儀なくされるかもしれませんね。

 ちなみにNote 3のAmazonでの白ロム価格は、現時点でau版が4万円、docomo版が3万7千円程度です。回線契約を動かしたくない人は、このような中古品を買うのもよさそうです。 

GALAXY Note 3 SC-01F docomo [Jet Black]
docomo SC-01F docomo Jet Black
au SCL22 ブラック GALAXY NOTE 3
au SCL22 ブラック GALAXY NOTE 3

この記事にコメントする

comments powered by Disqus